車の必要性

今メディアでは、若者の車離れといった事がよく話題になっています。しかしそれは、都会に住んでいるサラリーマンや交通の便がいいとこに限られた話だと思う。実際に僕は早朝の出勤が多いため交通の便が良くても車は必要だ。僕にとって車はなくてはならないものだし、ない生活は考えられないです。今まで乗った車に関しての話をします。

まずはじめに乗ったのは、トヨタのセルシオです。言わずと知れたトヨタのフラッグシップセダン。乗り心地はとてもいいです。平成8年式のだったのですが、今の車についているようなパワーシートだったりクルーズコントロール、エアコンやナビのタッチパネルなど当時は最先端であろう機能がついていました。また、走行中も音楽を聴いていないと眠くなるほどエンジン音なども静かでした。しかし最高級セダンということもあり、維持費や整備代はとても高いです。今は車体自体は中古で安くでているので、若者がVIPカーとして色々カスタムして乗っていますが、正直ノーマルであそこまで乗り心地のいい車を見た目重視でいじるのは納得いきません。

あと、ただ見栄のために乗って整備等をあまりしてないのにもがっかりします。今はセルシオのATが故障して車検時期と重なったこともあり急きょワゴンRに乗り換えて通勤時のみ利用していますが正直乗り心地悪いし、古い車なのでところどころ不具合もあります。軽自動車の税金が安いのも納得です。次車を買うときは、中古のクラウンか、新車のハイブリッドカーを買いたいです。車がないと不便です。維持費の問題などありますがもしペーパードライバーさんがいたらわざわざ高いお金を出してとった免許証をただの身分証に使わずなんでもいいので車を持ってみたらいかがでしょう?今よりもっと行動の幅が広がるし、楽しめると思いますよ。

軽自動車 人気